「AutoCADを使う為に必要な物」の記事一覧(2 / 2ページ)

OSについて考える

前回はCPUに関わる要素として、クロック周波数についてお話しをしました。

オートキャド(AutoCAD)を快適に使う為には、出来るだけその数字が大きい方が良い、という内容でした。…簡単に言ってしまえば、ではありますが。

前置きが長かった割には、それに対する説明が簡単すぎると感じた方もいるかも知れませんね。

でも、このあたりの内容をもっと詳しく知っていても、実務レベルの話としてはそれほど高い効果が期待出来る訳ではないです。

少なくとも私はそう思っていますので、ここではほとんど概要的なお話しだけをしています。それだけの知識で充分なはずですから。

クロック周波数って…

前回はオートキャド(AutoCAD)を快適に使う為に、CPUの概要とその役割を簡単にお話ししましたが、今回も引き続きCPUに関するお話しをします。

推奨されているCPUの性能に関しては、以前このような書き方をしました。

PentiumR 4、2.2 GHz 以上推奨

最初に記述されている「Pentium4」というのがCPUの種類を表します。

ただ、その後に「2.2GHz」という記述があります。これは何か?という内容について今回はお話しをしたいと思います。

CPUとは何なのか

前回は、オートキャド(AutoCAD)をきちんと動作させる為に必要なスペックについて考える為、その内容を一通り書き出してみました。

少々分かりにくい内容があったかも知れませんが、いかがでしたでしょうか。

読んではみたものの、そこに書かれている数字や記号の意味が良く分からない、あるいは読む気にならない。…と感じる方もいると思います。

確かに気持は分かりますが、ここは少し我慢をして概要だけは覚えておきたいところです。

書き出した内容を一気に理解しようとすると、その難しさだけが印象として残ってしまいますが、ひとつずつ見ていくとそれほど難しくなかったりします。

わざわざ難しく考える必要はどこにもありませんので、きっちりと理解できるようにひとつずつ攻めていきましょう。

という訳で、今回はCPUについて考えてみます。

オートキャドに必要な性能

前回はオートキャド(AutoCAD)を自宅で練習する為に必要なものとして、パソコンに関してお話しをしました。

仕事としてオートキャド(AutoCAD)を使うのであれば、どんなパソコンでも構わないという訳ではない、という内容のお話しでした。

ただ、その具体的なスペックについてあまり深く掘り下げてはいませんので、今回はもう少し細かい話をしていこうと思います。

パソコンの性能は?

前回は、オートキャド(AutoCAD)で図面を作図する為には「パソコン」が必要だというお話しをしました。

手描きで作図をする場合における「ドラフター」と同じくらい重要なものとして紹介をしましたが、何となく雰囲気は掴めたでしょうか。

とは言っても、今現在このサイトを読んでいる時点で、目の前にパソコンがあるということですから、改めて用意をする必要はありません。

…が、今の状態そのままでオートキャド(AutoCAD)を使うことが出来るかは微妙なところなんですね。

今回はそのあたり、パソコンのスペックについて簡単に考えてみたいと思います。

パソコンの役割について

前回はオートキャド(AutoCAD)を勉強する為に必要な物について考える、という内容のお話しをしました。

読み返してみると、どうも話が脱線していっているようですが、今回からは具体的な内容に入っていきましょう。

必要な物について考える

さて、今までお話しした内容を改めて読み返してみると、どうやらずいぶんと小難しい話を色々としてしまったようです。

技術的に全然役に立たない内容のお話しをしてしまい、申し訳なく思っています。

最初から読み進んでくれた方の中には、役に立たないと感じて途中で閉じてしまった方もいるのではないかと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ